お知らせ」タグアーカイブ

ライトアップ-冬

平福地域づくり協議会では、川端土蔵群と陣屋門を夕暮れ時に照らし出す、冬の「ライトアップ」イベントを、昨年に引き続き今年も下記要領にて開催します。

主 催:平福地域づくり協議会
協 賛:平福文化と観光の会、智頭急行株式会社
と き:平成30年12月23日(月)17:00〜19:00(荒天中止)
ところ:佐用町平福『川端土蔵群』と『陣屋門』

交通アクセス:
(1) 智頭急行「平福駅」から徒歩5分
(2) 中国自動車道佐用インターから車で北へ10分
(3) 鳥取自動車道平福インターから車で南へ5分
※8月13日:専用駐車場等はありませんので各自、自己責任で対応してください。当協議会は一切の責任は負いません。
問合せ:平福地域づくり協議会 五名☎️0790-83-2521、春名☎️090-5246-6469

夏のライトアップ(8/13)

ライトアップ

平福地域づくり協議会では、川端屋敷土蔵群などの「ライトアップ」イベントを、昨年に引き続き今年も下記要領にて開催します。

主催:平福地域づくり協議会
協賛:平福文化と観光の会、智頭急行株式会社
とき:平成30年8月13日(月)19:00〜20:30、8月14日(火)19:30〜21:00(小雨決行)
ところ:佐用町平福『川端土蔵群等』

城下町から宿場町へ変遷した往時の面影が偲ばれる平福宿。
代表的な川端土蔵群、代官所跡・陣屋門にスポットをあてて闇夜に浮上。
交通アクセス:
(1) 智頭急行「平福駅」から徒歩5分
(2) 中国自動車道佐用インターから車で北へ10分
(3) 鳥取自動車道平福インターから車で南へ5分
※8月13日:専用駐車場等はありませんので各自、自己責任で対応してください。当協議会は一切の責任は負いません。
問合せ:平福地域づくり協議会 五名☎0790-83-2521、春名☎090-5246-6469

第2回 ひらふくフォトコンテスト


目的:次世代に残したい四季折々の景観・史跡・町並み・祭り・イベントなどの写真で、平福地域の魅力や価値を多くの方に知っていただくことが目的です。
テーマ:平福地域を対象とし、テーマは自由です。
応募資格:プロ・アマ問わず誰でも参加できます。
撮影期間:平成30年1月1日(月)〜平成30年12月31日(月)に撮影されたもの
応募受付期間:平成30年12月1日(土)〜平成30年12月31日(月)必着
応募方法:作品名・住所・氏名・連絡先・撮影年月日・撮影場所を明記して下さい。
応募先:佐用町役場 企画防災課 まちづくり企画室(平福フォトコンテスト宛)
〒679-5380 兵庫県佐用郡佐用町佐用2611-1  Tel.0790-82-0664
問合せ:平福地域づくり協議会 五名Tel.0790-83-2521 春名Tel.090-5246-6469
各賞

  • 最優秀賞:1点 一万円相当の記念品と賞状
  • 優秀賞:2点 五千円相当の記念品と賞状
  • 特別賞:2点 記念品と賞状
  • 入賞:8点 記念品と賞状
    ※入選作品は写真データが必要です。
    ※審査は主催者が委嘱した審査員が行います。

発表:平成31年1月下旬、入選者には直接通知します。
表彰式:平成31年2月中旬に佐用町地域福祉センターで行います。
作品展示:平成31年2月23日(土)~3月17日(日) に『お休み処 瓜生原』にて行います。

注意事項

  • 被写体が建物・人物の場合は、所有者や本人の許可を得てから応募してください。
  • 危険行為や私有地などへの無断立ち入りは行わないでください。
  • 応募作品は一人3点まで、未発表のものに限ります。加工された作品はご遠慮ください。
  • 作品は原則として返却いたしません。
  • 応募作品の著作権は撮影者、使用権は当協議会・佐用町・西播磨県民局に帰属します。
  • 写真作品の大きさは四つ切りまたは四つ切りワイドの単写真。
  • 利神城跡(利神山)の登山コース等からの撮影は対象外とします。
  • 応募に関する費用は応募者で負担してください。

「第1回 ひらふくフォトコンテスト」受賞作品展示


「第1回 ひらふくフォトコンテスト」には、町内外から52人、114点もの応募がありました。たくさんの応募をありがとうございました。厳正な審査により選ばれたの入賞作品を、下記にて展示します。ぜひご覧ください。
 期間:3月27日(火)〜4月13日(金)
 場所:佐用町 町民ホール

なお、受賞者と作品は以下の通りです。

受賞者と作品名の一覧(敬称略)
氏名 作品名 備考
最優秀賞(1点) 横山 志津子 利神城と旧家 佐用町
優秀賞(2点) 阿山 彦夫 静寂に立つ 佐用町
川西 和彦 此処にも絶景雪景色 佐用町
入賞(10点) 尾崎 良男 平福の路地 美作市
山上 淑美 城下町の路地 佐用町
得平 照男 光彩 佐用町
濱田 寿美 宿場町懐古 たつの市
河野 親昌 夕暮の川面 美作市
高見 房子 雪の川端風景 佐用町
上山 恵津子 冬の平福 上郡町
中井 一二三 うす化粧の利神山 佐用町
明野 敏行 平福土蔵群 加古川市
坂本 秋男 二つの土蔵群 加古川市

第2回 ライトアップ

平福地域づくり協議会では、川端屋敷土蔵群などの「ライトアップ」イベント第2回を下記要領にて開催します。

とき:平成29年12月23日(土)17:00〜19:00(荒天中止)
ところ:宿場町平福 『川端土蔵群』等
川端土蔵群、陣屋門にスポットをあてて、幻想的な空間を演出し、みなさまを温かくをお迎えいたします。ぜひ平福へお越しください。
※ライトアップ会場へは行燈にて道案内(天候不順中止)
※専用駐車場等はありませんので、各自、自己責任で対応してください。当協議会は一切の責任を負いません。

交通アクセス:
(1) 智頭急行「平福駅」から徒歩5分
(2) 中国自動車道佐用インターから車で北へ10分
(3) 鳥取自動車道平福インターから車で南へ5分

主催:平福地域づくり協議会
協賛:平福文化と観光の会
問い合わせ:平福地域づくり協議会 五名☎0790-83-2521、春名☎090-5246-6469

ライトアップ

平福地域づくり協議会では、川端屋敷土蔵群などの「ライトアップ」イベントを下記要領にて開催します。

主催:平福地域づくり協議会
協賛:平福文化と観光の会
とき:平成29年8月13日(日)19:00〜20:30、8月14日(月)19:30〜21:00(小雨決行)
ところ:宿場町ひらふく 川端土蔵群・陣屋門

江戸時代の初期に築城された利神城は雲の上に浮かぶ城、雲突城とも呼ばれていました。山裾に御殿屋敷を築き、川を挟んで町人屋敷を設けた城下町でした。しかし、わずか30年余りでその役割を終えた平福は、やがて因幡街道の宿場町として栄えました。陣屋門、鳥取池田藩の本陣跡、播州系、作州系の町屋が混在している町並みや、佐用川(熊見川)に沿って並ぶ土蔵群などが、今も色濃く残っています。
川端土蔵群、陣屋門にスポットをあてて、幻想的な空間を演出し温かく皆様をお迎えいたします。
※8月13日:専用駐車場等はありませんので各自、自己責任で対応してください。
交通アクセス:
(1) 智頭急行「平福駅」から徒歩5分
(2) 中国自動車道佐用インターから車で北へ10分
(3) 鳥取自動車道平福インターから車で南へ5分
問い合わせ:平福地域づくり協議会 五名☎0790-83-2521、春名☎090-5246-6469

フォトコンテスト

平福地域づくり協議会では「フォトコンテスト」を下記要領にて開催します。

次世代に残したい平福地域の魅力を表現した写真を募集します。

テーマ : 平福地域の風景、史跡、町並み、祭り、イベントなど
応募資格 : プロ・アマ問わず、誰でも参加できます。
撮影期間 : 平成29年7月1日(土)〜平成30年1月31日(水)までに撮影されたもの。
応募方法 : 作品名、住所、氏名、連絡先︎(電話番号)、撮影年月日を写真の裏に明記のこと。
応募先 : 佐用町役場 企画防災課 まちづくり企画室(平福フォトコンテスト宛)
〒679-5380 兵庫県佐用郡佐用町佐用2611-1 ☎ 0790-82-0664 Fax 0790-82-0492
受付期間 : 平成30年1月1日(月)〜1月31日(水)必着(郵送または持参)
問合せ : 平福地域づくり協議会 五名☎ 0790-83-2521 春名☎ 090-5246-6469
各賞 : 最優秀賞 : 1点 10,000円・賞状
優秀賞 : 2点 各5,000円・賞状
入賞 : 10点 記念品(物産品など)・賞状
※入選作品は写真データが必要です。
審査 : 主催者が委嘱した審査員が数名で審査いたします。
発表 : 平成30年2月中旬、入選者には直接通知。
平福地域づくり協議会のホームページで発表する予定です。
作品展示 : 入選作品の展示をします。
展示期間 : 平成30年3月4日(日)~3月25日(日)
展示場所 : お休み処 瓜生原

▷被写体が建物・人物の場合は、所有者や本人の承諾を得てから応募してください。
主催者は一切責任を負いません。
▷作品はお一人3点まで、未発表のもの。加工された作品はご遠慮ください。
▷作品は原則として返却いたしません。
▷応募作品の著作権は撮影者、使用権は当協議会・佐用町・西播磨県民局に帰属するものとします。
▷写真作品の大きさは四つ切り、四つ切りワイドの単写真。
▷利神城跡(利神山)の登山コース等からの撮影は対象外とします。
▷応募に関する費用は応募者で負担してください。