初春の調べ

「平福 初春の調べ 箏、尺八が奏でる 〜第1回 旧田住邸音楽会〜」

プログラム:

  1. 泉 宮城道雄作曲
  2. 幻の柱 筑紫歌都子作曲
  3. 星降る谷間 池上眞吾作曲
  4. ・・・休憩・・・

  5. 福田蘭童名曲集(麦笛の頃、月草の夢、夕暮幻想曲)
  6. 懐かしい日本の歌 東枝達郎編曲(こきりこ節、花いちもんめ、この道、砂山)
  7. アンコール:ちんちん千鳥

出演者:

  • 箏奏者 中 眞希子(なか まきこ)
  • 尺八奏者 米村 鈴笙(よねむら れいしょう)

箏と尺八のプロの演奏を初めて聴かせて頂きました。しかも間近で。もう素晴らしかった、。
旋律もリズムも、もっと日本的な、古風な、おしとやかなものなのかな、と想像していましたが、
そこはまぁ選曲にもよるのでしょうが、割と西洋音楽的な要素も多分に感じられて、新鮮でした。
特にリズムが、時折激しくビートを刻むようなものだったりして、聞いていて圧倒されました。
1時間半程の時間を、とても楽しく過ごすことができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください